Language
imgboxbg

ニュース

ニュースの区分

感染症と対抗の中、業務・サービスを優先

感染症と対抗の中、業務・サービスを優先

  • 出品日時:2020-03-18 11:15
  • PV:

2020年の春節は一変した春節、コロナウイルスのため、皆様は家に居ることになりました。春節後のオフィスワークがリモートワークになりました。リモートワークの期間中、鄭州睿信が防疫しながら、業務レベルを維持しています。23日にリモート協同オフィスシステムを使い始めてから、安定・スムーズに運行しています。感染症を隔離しサービスを続いています。 鄭州睿信が引き続き専業性のある・高効率のサービスを提供し、各知的財産事項が防疫期間の中でさえ、適切な処理を施すことができます。

防疫期間の中、科学研究所、高校や企業が自分なりの特長を発揮し、研究員達に防疫と測定に使う設備などの開発に力を注ぎました。

河南大学抗体薬物開発技術国家地方連合工程実験室の馬遠方教授率いるグループが、ナミセレン法免疫層技術で、新型コロナウイルス特異性IgMIgG2種類の測定シートを開発しました。

こちらのシートで5分から10分で新型抗体の検査ができて、検査結果が目で直接見えるとの長所を持ち、あらゆる場面で素早く、便利に新型ウイルスの感染者及び無症状感染者を探すことができます。こちらの研究成果が保護を申請し、市場に投入することを期待しています。

グループの王先生が鄭州睿信に依頼しました。 その理由には、去年鄭州睿信が実験室の先生たちに実行した高価値特許育成講座にあります。先生たちが特許への認識を深化し、また鄭州睿信が堅実に高質な特許を作っていることを信じているからです。

河南大学のウイルス測定シート以外、河南紫連物連網技術有限会社が開発した智的温度測定システム及び装置、森源電気が開発したマスク加工システム、こちらの依頼に対して、鄭州睿信が経験豊富な代理人及び関連人員を集結し、素早く処理する同時に、依頼人の関連費用を減免しました。

鄭州睿信が防疫という特殊な期間中、お客のために睿信の専業性と社会責任が見られ、お客からは評価を得ています。

鄭州睿信が更なる熱情を持ち、効率を高め、初心を維持し、依頼人に保護できる高質特許を書き続けています。

キーワード:

に戻る